活性型ビタミンD3って何?

ビタミンDは、体内でどんな働きをする栄養素?

カルシウムだけでは、丈夫な骨を維持できません

骨を丈夫にする栄養素というと、まっさきに思いつくのは「カルシウム」という人が多いかもしれません。カルシウムは体のなかでも特に骨にその99%が分布しており、更には筋肉や神経が正常に働くために必須の成分で、常に血液中の濃度が一定に保たれるよう仕組まれています。

血液中のカルシウムが不足すると、カルシウムの見張り役ともいえる副甲状腺ホルモンがキャッチし、必要に応じて骨に蓄えられていたカルシウムを血液中に送り出すよう働きかけます。このように骨から血液中にカルシウムが移動することを「骨吸収」といいます。

カルシウムだけでは、丈夫な骨を維持できません
血液中のカルシウムが不足すると、骨に蓄えられていたカルシウムが血液中に送り出されてしまう

カルシウムは骨を形成する材料の1つですから、骨から出ていくカルシウムの量が多くなると骨のカルシウム量が減ってしまいます。骨がスカスカになって骨折を引き起こす骨粗しょう症は、このような流れが原因で引き起こされます。丈夫な骨を維持するためには、カルシウムが不足しないよう、十分に気をつける必要があるのはいうまでもありません。

ところが、カルシウムを摂りさえすれば骨粗しょう症を予防できるかというと、そうではありません。なぜなら、カルシウムが多く含まれる食品は、牛乳やチーズといった乳製品、または小松菜など、限られていることに加え、それらの食品を摂取したとしても、効率よく体内にとり込まれないからです。そこで重要となるのが、ビタミンDの存在なのです。

ビタミンDは、カルシウムを助ける強い味方

ビタミンDは、カルシウムが小腸で吸収されるのを助ける働きを行います。これによって、食事から摂取したカルシウムは、効率よく体内にとり込まれていきます。さらにビタミンDは、いったん腎臓を通過して排泄されたカルシウムを、更に腎臓で再吸収するように腎臓に対して働きかけます。このようにビタミンDは、骨を丈夫に保つ上で欠かせない存在なのです。

とはいえ、ビタミンDについては「聞いたことはあるけど、よく知らない」という人が多いかもしれません。ビタミンDは、きのこ類や魚などの食品に多く含まれています。ビタミンというと体の中では作られない栄養素としてとらえられますが、ビタミンDだけは、紫外線を浴びることによって皮膚でも合成される栄養素です。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けるだけでなく、古い骨を壊して吸収し、新しい骨をつくることで骨の新陳代謝を高める働きも持っています。これは、骨の強度を高めることにつながります。

また、最近のさまざまな研究により、お年寄りに多い転倒や骨粗しょう症患者さんの骨折を予防する効果があることもわかってきています。

ビタミンDは、カルシウムと同じように、丈夫な骨を維持し、わたしたちの健康をサポートするとても大切な存在といえるでしょう。

活性型ビタミンDに変化してこそ本領発揮

ここで重要なのは、ビタミンDはそのままの形では有効でないという点です。紫外線を浴びることによって皮膚で合成されたビタミンDや食事から摂取されたビタミンDは、肝臓と腎臓で酵素の働きを受けて活性化されます。これを「活性型ビタミンD」といいます。ビタミンDは活性型ビタミンDに変化してはじめて、そのパワーを発揮することができるのです。

活性型ビタミンDに変化してこそ本領発揮
ビタミンDは肝臓と腎臓で「活性化ビタミンD」へ変化してはじめてパワーを発揮する

カルシウムと同様にビタミンDも不足している栄養素の1つといわれています。日本の中高年女性の約半数がビタミンD不足という報告もあるくらいです。とくにお年寄りの場合、年齢とともに食べる量が少なくなるため、ビタミンDの摂取量自体が減少します。また、体力の衰えや病気が原因で、外に出て紫外線を浴びる機会が少なくなると、皮膚で合成されるビタミンDの量も減っていきます。
加えて、加齢にともなって腎臓の働きが弱くなってくると、食事で摂取したり、皮膚で作られたビタミンDを活性型に変化させる力も衰えてきます。活性型ビタミンDの量が減ると、先に述べたように小腸からのカルシウム吸収量が減り、骨から血中へカルシウムが多く送り出されるほか、骨の新陳代謝も低下することで、骨折を引き起こしやすくなるので

生まれたての赤ちゃんや小さいお子さんで活性型ビタミンDが不足すると、骨がきちんとカルシウムを蓄えられない「くる病」という病気になり、弱い骨になってしまいます。大人で活性型ビタミンDが不足すると「骨軟化症」といった、やはり骨が弱くなる病気になります。そのため、活性型ビタミンDを少量で効率的に働くように製剤化した「活性型ビタミンD3製剤」が、これらの病気の治療薬として用いられています。

次へ>>

活性型ビタミンD3って何?のトップへ

骨と関節の健康.jp